Featured post

Büro DanK

Büro DanK(ビューローダンケ)公式ブログへようこそ!
Büro DanKは「芸術と共に過ごす、充実した時間」を提供する企画制作チームです。
ブログでは主催コンサート告知やメディア出演情報、
コンサートレポートなどを随時掲載していきます。

【Büro DanKコンサート 最新情報】
12月28日(木) ヴェリタス弦楽四重奏団 @パレット市民劇場 ←Coming soon!!
2月12日(月・祝) 宮田 大 チェロリサイタル @うるま市芸術劇場 ←Coming soon!!

【その他コンサート情報】 ←Coming soon!!
.
【Büro DanKとは?】

【Büro DanKのあゆみ】

【Büro DanK 公式facebookページ】

Wir vertrauen in die Macht der Musik

スーパーキッズ・オーケストラが終演いたしました。

去った10月8日、スーパーキッズオーケストラ沖縄初公演が無事に幕を閉じました。
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!

22282099_10155794191177774_495437415793321813_n
幕開け早々、大人顔負けの迫力ある演奏と姿勢で度肝を抜かされたと思えば、
曲の紹介にてマイクを取ってお話しする際は、子供らしさ溢れる表情を見せ会場を笑顔にしてくれました。
島田真千子氏や幣隆太朗氏という、世界で活躍するプロ奏者をゲストに迎えた演奏では
お二人に負けず劣らず、一丸となった素晴らしいハーモニーが圧巻でした。

スーパーキッズ・オーケストラの凄いところは、なんとまだまだ成長中というところ!!
ぜひ、また沖縄にて成長した姿と演奏を聴いてみたいと強く思いました。

hounou
そして翌日の10月9日では、平和祈念堂にて献奏いただきました。
沖縄戦中の島田知事が、スーパーキッズオーケストラの所属する兵庫県出身だったということもあり、島守の塔も参拝されました。
短い滞在期間のなか、沖縄の大切な部分にも触れていただきとても嬉しく思います。

日本の音楽界を担うであろう、SKOの皆さんの今後の活躍がとっても楽しみです!
ありがとうございました!





とくむら

幣隆太朗コントラバスコンサート in OIST でした

こんにちは、ビューローダンケです。

20171005-contrabass-concert
事後報告となってしまいましたが、去った10月5日(木)沖縄科学技術大学院大学 OISTにて
ビューローダンケが企画・制作を担当した、幣隆太朗氏によるコントラバスコンサートが行われました。

22310542_10155787240097774_4763991449378392731_n 22279432_10155787240217774_4744616937453145690_n
会場となったOISTの講堂には500名近くのお客様にご来場いただきました!
演奏の前には、幣氏による作曲者やその曲の解説などもあり
講堂という場所も相まって、ちょっとしたクラシック音楽講座のような雰囲気が楽しめました。

SKO1 SKO2
さて、いよいよ明日の10月8日は
幣氏も登場する『スーパーキッズオーケストラ』がございます!
全国トップクラスの子供達で構成されたスーパーキッズ・オーケストラ(通称SKO)は沖縄初公演となっています。
幣氏との共演もとても楽しみです!
その目を見張る大人顔負けの演奏をぜひお見逃しなく!

スーパーキッズオーケストラ公演の詳細はこちら





とくむら

10月8日!スーパーキッズ・オーケストラ公演

こんにちは、ビューローダンケです。
アッという間に9月が終わろうとしています。
今年は特に、気のせいだよ〜と言ってほしいほど時間の流れが早く感じます。。。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

SKO1 SKO2

さて、お知らせです!
10月8日(日)、琉球新報主催、ビューローダンケ企画の公演
「スーパーキッズ オーケストラ」が行なわれます!

「スーパーキッズ・オーケストラ」とは、世界で活躍する指揮者 佐渡裕氏がもっとも愛情を注ぐ
全国の厳しいオーディションを経て選ばれた子供たちが集結した、兵庫県のオーケストラ。
沖縄初公演!全国トップクラスの大人顔負けの演奏と、子供ならではの輝きある感性が見どころです!

また、ダンケコンサートではお馴染みのヴァイオリン島田真千子氏に、コントラバス幣隆太朗氏がゲスト出演!
そして沖縄特別プログラムとして県内ジュニアオーケストラとの共演もございます。

SKO特集
9月16日付の琉球新報にて特集掲載をいただいています!

9月26日、28日の琉球新報Styleでは
案内役の鈴木一平氏による公演の見どころなどのリポートを掲載いただいています!
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-581318.html(Vol.1)
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-584623.html(Vol.2)

なんと鈴木氏は、第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにてフォトジェニック賞を受賞した、こちらもまさに「SUPER」なお方!
見どころ満載の素敵な公演となりそうです。とても楽しみです!
みなさまぜひご来場くださいませ!

****   ****   ****

スーパーキッズオーケストラ
佐渡裕が最も愛情を注ぐオーケストラ 沖縄初公演!

日時:2017年10月8日(日)14:00開演(13:30開場)
場所:沖縄市民会館 大ホール

【出演者】
スーパーキッズ・オーケストラ
岩村力(指揮)
島田真千子(ヴァイオリン)
幣隆太朗(コントラバス)
鈴木一平(案内役)

【曲目】
チャイコフスキー/アンダンテ・カンタービレ
レハール/メリー・ウィドウ メドレー
サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン(ヴァイオリン独奏:島田真千子)
クーセヴィツキー/コントラバス協奏曲(コントラバス独奏:幣隆太朗)

【沖縄特別プログラム共演団体】
浦添市ジュニアストリングス
沖縄市ジュニアオーケストラ
名護ジュニアオーケストラ
那覇ジュニアオーケストラ

【前売り券】全席指定
大人 4,000円
高校生以下 2,500円
(当日各500円増し)
※未就学児の入場はご遠慮ください

【プレイガイド】
琉球新報社(天久本社、中部支社、北部支社)
デパートリウボウ
コープあぷれ
普久原楽器
ファミリーマート(イープラス)https://goo.gl/TdP1Ux

【問い合わせ】
琉球新報社営業局 098(865)5200(平日午前10時~午後5時)

主催 琉球新報社
共催 沖縄市、まちづくりNPOコザまち社中
企画 ビューローダンケ







とくむら

カルメン×アリスの国の不思議が無事に終演いたしました

去った9月16日(土)、南城市シュガーホールにて
ビューローダンケが企画・制作を担当した公演
『シュガーホールで聴く名作&新作オペラの競演 カルメン×アリスの国の不思議』が無事に終演いたしました。

ウェルカムコンサート カンティーネ2

開演前のロビーではウェルカムコンサートやおいしいコーヒー、
そしてカルメンや不思議の国のアリス関連の書籍販売などで賑わっていました。

原画

「アリスの国の不思議」で衣装を担当した岩城氏が絵描いたフライヤーの原画*

カンティーネ

那覇市にあるパティスリー・ランヴォールからのおいしいパン達が並びました!

第一部は名作オペラ「カルメン」のハイライト。
南城市出身で現在はドイツの劇場で活躍中の重島氏による情熱的なメゾソプラノや、
子供達の元気いっぱいで澄んだ歌声。
一度は耳にしたことがあるような有名曲をお楽しみいただきましたが
出演者が客席後方から登場するなど、舞台に留まらない新鮮な演出に皆さん笑顔!

闘牛士のうた2″>合唱団

第一部最後の「闘牛士の歌」では、事前に配られた赤いナフキンをリズムにあわせて振りかざし、
晴雅彦 氏演じる闘牛士エスカミーリョとその歌を、皆さんで盛り上げました。
いつもと違う参加型オペラ。楽しい思い出になると嬉しいですね。

第二部は新作オペラ「アリスの国の不思議」
プロジェクターで映し出された奇妙に揺れる字幕に、モノトーンな印象の衣装と空間。
第一部とはガラリと雰囲気がかわり、新作ということもあり何がおこるか。。ワクワクです。

アリスの国の不思議

不思議にふくらむアシンメトリーなドレスを着たアリス役には
以前ダンケコンサートでも登場いただきました、ソプラノ浜田理恵氏。
そして、プログラムを見て気になった方も多かったのではないでしょうか、
「その他全部 晴雅彦」氏。
そんな謎の多い配役にはなんと、魔法のような驚きの連続が秘められていました。
舞台上での生着替えで次々と役が変わっていくのですが、ユニークなトリックが
とにかく面白い!!
ピアノとクラリネットとチェロの3人、歌い手の2人、お着替え助手が2人 という
人数のシンプルさを全く感じさせない大きな世界観を感じました。

☆
なにもかも新しくて、聴いて楽しく観て楽しい、理解できそうで完全に解読できないような。。。
最後の最後まで摩訶不思議な感覚に包まれた、独特で新感覚いっぱいの素晴らしいオペラでした。

トランプ
ご来場くださいました皆様ありがとうございました!
そして本公演はたくさんの方々にご協力いただきました。とても素敵な時間を心より感謝いたします。







とくむら

渡久地圭 メディア掲載情報

こんにちは、ビューローダンケです!

旧盆も終わり、ひと段落したばかりの沖縄。
最近は鳳凰木の開花が目立ち、沖縄らしい鮮やかな赤色が美しいです。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、ビューローダンケ代表 渡久地が
沖縄を飛び出し、全国のあちこちにてご紹介いただいております!

20170905asahi
9月5日付の朝日新聞西日本版朝刊にて
渡久地のクラシックを通した沖縄に対する想いを掲載いただきました!
9月16日に行われるカルメン&アリスの公演(詳しくはこちら)についてもご紹介いただいています♪ありがとうございます!
 

25ans
そして、現在発売中の女性誌『25ansヴァンサンカン(10月号)』にて
「日本の未来を担うエレガントな人材」として掲載いただきました!
プロフィールから始まり渡久地の大きな夢までご紹介いただきました。(叶いますように!)ありがとうございます!
http://amzn.asia/a5Vryz0
 

20170906book
そしてそして!
水曜社にて発行の『クラシックコンサートをつくる。つづける。地域主催者はかく語りき』(平井滿・渡辺和 共著)にて
全国の小規模民間主催者のひとつとして、ビューローダンケの活動を掲載いただきました!ありがとうございます!
クラシックコンサートをつくり・つづける楽しさ、難しさ、嬉しさに課題など
日本各地で活動している人々の、真摯な姿勢と努力が心打つ一冊です。
こちらも現在発売中!ぜひお買い求めくださいませ。
http://amzn.asia/htcMLbz
 
 
沖縄県内だけでなく、日本全国からもこれをきっかけに興味を持っていただけると嬉しいですね。
これからもビューローダンケをよろしくお願いいたします!





とくむら

ポール・ペシュティ ヴィオラリサイタルが終演いたしました。

こんにちは、ビューローダンケです。
9月1日。 秋の風がとつぜん舞い込み、季節の変化をしっかりと感じる中
ポール・ペシュティ ヴィオラリサイタルは無事に終演いたしました。

ポールさん1 ポールさん3
ウィーンからブタペストへ。
夏の沖縄に響くドナウ川をテーマにお楽しみいただきました。
単体で聴く機会の少ないヴィオラの魅力に
ハマる人もいらっしゃたのではないでしょうか♪

特に、ポール氏のルーツであるハンガリーの民族音楽から着想を得た曲では
軽快なリズムとヴィオラの滋味深い響きと、仲松氏の力強いピアノで
瞬く間に異国の風景を感じさせる、大変素晴らしい演奏でした。

弦楽器は湿度に弱い とよく聞きますが、
ポール氏のヴィオラは湿度に強く、むしろ湿気により楽器がより良く響くよう変化するそうで
沖縄役得の、上質な音色を聴くことができた嬉しいリサイタルとなりました。
糸巻きに施されたライオンヘッドも、沖縄名物シーサーに似ている!(byポール氏)とのことで、親近感が沸きますね。笑
また沖縄に来てくださることを願っています!

ポールさん2

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!







とくむら

シュガーホールで聴く 名作&新作オペラの競演

こんにちは、ビューローダンケです!
さて、暦の上では立秋・残暑ということになりましたが、、、日中はまだまだ暑い沖縄ですね。
ですが夜はほんのり、秋の香りが感じられるようになりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

20264863_10155579604662774_5908826956302958271_n

20258314_10155579605232774_8695203036769349281_n

さて、公演のお知らせです。
9月16日(土)シュガーホールにて
ビューローダンケが企画・制作に参加いたしました、
名作&新作オペラが楽しめる素敵な公演がございます!

新作のオペラは昨年、東京文化会館、兵庫県立文化センターにて初演された「アリスの国の不思議」
作曲は、ビューローダンケコンサートシリーズで度々ご登場いただいているピアニストの三ッ石潤司氏。
アリス役には、2016年1月のソプラノリサイタルでたっぷりのエスプリで観客を魅了した浜田理恵氏。
そして「その他全部」にバリトンの晴雅彦氏。
その他全部!?とても気になりますね〜。。。楽しみです!

紹介が前後してしまいましたが、「アリスの国の不思議」が第二部、
第一部には、人気オペラ「カルメン」のハイライトがカップリングされています!

おきでんシュガーホール新人演奏会オーディションでグランプリを獲得後、
ドイツ・ワイマールの劇場メンバーとして活躍中の重島清香氏をはじめとする沖縄県出身・活躍中の出演者に
浜田理恵氏、晴雅彦氏の歌声も加わった、シュガーホールでのみ公演可能な贅沢なステージとなっています!

古くから親しまれているクラシックオペラの魅力、現代に新しく誕生した新感覚のオペラの魅力。
二つの世界をどうぞお楽しみくださいませ!

チケット好評発売中!
お買い求めはどうぞお早めに!

***** **** ***** ****

シュガーホールで聴く 名作&新作オペラの競演

第1部 オペラ「カルメン」ハイライト
第2部 音楽遊戯「アリスの国の不思議」(三ッ石潤司 作曲・脚色)

日時:9月16日(土) 16時開演(15時開場)
場所:南城市文化センター シュガーホール

出演:
浜田理恵(ソプラノ)
三ッ石潤司(ピアノ)
晴雅彦(バリトン)
重島清香(メゾソプラノ)
喜納響(テノール)
中村真美(クラリネット)
山本直輝(チェロ)

賛助出演:
シュガーホール ジュニアコーラス
宮里舞子(打楽器)
長嶺かん奈(ピアノ)

チケット:全指定席
S席 4,000円
A席 3,500円
学生 1,500円

プレイガイド:
シュガーホール(098-947-1100)
リウボウチケットカウンター(098-867-8246)
コープあぷれ(098-941-8000)
島ピアノセンター(098-933-5932)
イープラス http://eplus.jp/ (携帯スマホ&PC)

お問合せ:
南城市文化センター・シュガーホール※月曜休館(098-947 1100)
ビューローダンケ(070-5278-1690)

主催:南城市、南城市文化のまちづくり事業実行委員会
企画・制作:ビューローダンケ
協賛:沖縄電力
特別協力:新垣ちんすこう TAKAKO’s COFFEE





とくむら

ポール・ペシュティ ヴィオラリサイタル

こんにちは、ビューロダンケです。
蝉の大合唱で目が覚める、夏真っ盛りの沖縄です。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

img005 img006

さて、お待たせいたしました。ビューローダンケコンサートシリーズのお知らせです!
シーズン3第二弾は、南西ドイツ放送交響楽団首席奏者、ポール・ペシュティ氏によるヴィオラリサイタルとなっています。
ヴァイオリンより大きく、チェロより小さいヴィオラ。
オーケストラなどの合奏では、高音と低音の間を取り保つ縁の下の力持ちのようなポジションですが、しっとりとした奥深い音色が魅力的!
楽器単体での演奏が聴ける貴重なリサイタルです。

ポール氏と一緒にやってくるヴィオラは、フライヤーにも描かれているように装飾の美しいライオンヘッド。
なんと、あのモーツァルトと同じ時代の楽器とのこと!そんなロマンチックな逸話もあわせてとても楽しみです!
みなさま是非ご来場くださいませ!

****  ****  ****  ****

ビューローダンケ コンサートシリーズ#3-2

ポール・ペシュティ ヴィオラリサイタル
~ウィーンからブタペストへ、ドナウ川とともに~

モーツアルトと同時期にすでにザルツブルクに存在した
ライオンヘッドのヴィオラを、
南西ドイツ放送交響楽団首席奏者、名手ペシュティが奏でる!

出演
ポール・ペシュティ(ヴィオラ)
仲松 尚子(ピアノ)

プログラム
シューベルト/アルペジオーネ ソナタ
ブラームス/ヴィオラとピアノのためのソナタ第1番 ホ短調
バルトーク/ラプソディ第1番

2017年9月1日(金)
19:00開演(18:00開場)
浦添市てだこホール 小ホール

料金(全席指定)
一般 4,000円
学生 1,000円
※当日券は+500円

プレイガイド
てだこホール(098-942-4360)
リウボウチケットカウンター(098-867-8246)
コープあぷれ(098-941-8000)
島ピアノセンター(098-933-5932)
イープラス http://eplus.jp/ (携帯スマホ&PC)

お問合せ ビューローダンケ 070-5278-1690

主催 ビューローダンケ
共催 琉球新報社
協賛 新垣ちんすこう、TAKAKO’s COFFEE、西武ピアノ株式会社







とくむら

りゅうちゃんクイズ

こんにちは、ビューローダンケです!

琉球新報朝刊の一面でおなじみ「りゅうちゃんクイズ」

unnamed

な、な、なんと
6月29日付のクイズに、渡久地がデビュー!!
ビューローダンケのことをみなさんに知っていただく
かわいらしくて素敵な機会に恵まれました♪ ありがとうございます!















unnamed-2
みなさんはもちろん、おわかりですよね!笑





とくむら

5人の響縁

こんにちは、ビューローダンケです。
先週、23日の慰霊の日前日に梅雨明けし、蝉も鳴き、「夏」でいっぱいな沖縄です。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

公演のお知らせです!

19397056_10155443276002774_8209349301848638632_n 19366316_10155443276387774_7747055123768933231_n

ミュージックタウン音市場10周年記念イベントの一つ
クラシック公演『5人の響縁 ~in the house~』が、来月7月14日に行なわれます!
チェロ、ピアノ、バンドネオン。そしてコンテンポラリーダンスと琉球舞踊が融合した、チャレンジとインパクトが詰まった舞台です。

なんと!メンバー5人の内の1人、チェロを演奏するのは宮田大氏!
宮田氏といえば、2年前のダンケコンサートにて満場の観客を大興奮に誘った大注目のチェリスト。
ダンケファンにとって彼の登場は見逃せません!とても楽しみです〜!

ジャンル、表現の違う5人のアートが、どのように響くのでしょうか。
想像ができないことがとても楽しみで、ワクワクしますね。

この公演は渡久地も理事をつとめている「楽友協会おきなわ」が企画制作で関わっています。
「楽友協会おきなわ」もまた、沖縄にクラシックの楽しさを伝える活動を行っています♪
今後の活動にもご注目くださいね!

『5人の響縁 ~in the house~』
チケットのお買い求めはどうぞお早めに!

****  ****  ****  ****

Music Town OTO-ICHIBA 10th Anniversary
5人の響縁 -in the house-
クラシック×ダンス ~ジャンルを超えた5人のアーティストが奏でる未来~

日付:2017年7月14日(金)
場所:ミュージックタウン音市場(3Fホール)
【開場】18:00 【開演】19:00

出演:宮田大(チェロ) 三浦一馬(バンドネオン) 金子三勇士(ピアノ)
金城真次(琉球舞踊) 平良彦太(バレエ・コンテンポラリーダンス)

料金:
【一般】¥5,300
【学生(大学生・専門学生)】¥2,500
【高校生以下】¥1,500
※消費税込
※全席自由
※未就学児入場不可

プレイガイド:
イープラス(ファミリーマート)
ローソンチケット(Lコード:82579)
デパートリウボウ
ミュージックタウン音市場
普久原楽器
照屋楽器店
島ピアノセンター
コープあぷれ

主催:沖縄市、ミュージックタウン音市場
企画制作:㈱ミュージックウェーブ、楽友協会おきなわ
協賛:ムーンホテルズアンドリゾーツ㈱
問合:ミュージックタウン音市場
tel:098-932-1949 http://otoichiba.hp/






とくむら